ボロボロ老犬の余生日記

これは犬なのにあまり人になつかない、ハッキリ言えば「可愛げねー」老犬の姿を綴ったブログである。それでも…憎みきれない女(メス犬)なのだ。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/









カピパラ犬?
マコ・カピパラ?

マコ様がお亡くなりになってから、
今になって、ボロボロ写真が出てきた。

私が知らないお子様マコの可愛らしいものもあった。

しかし、
私が目を離せなかったのは上記の写真。

一番太っていた時撮ったためか、
でかい!

旭山動物園にいるカピパラみたい…と思うのは私だけ?

FC2 Blog Ranking←1ポチお願いします。
スポンサーサイト
2007/11/29/20:29:00  マコ様の思い出/CM:4/TB:0/









今の時期にやってきます。
てんとう虫

ちょっとボヤけてますが、
「我が家の電気のカサにしがみついているてんとう虫」の図です。

マコがいなくなり、やはり、
悲しみが癒えてくるとはいえ、
何かが足りない…空虚感というのでしょうか…
それは今でもあります。

母は淋しいのか、ベランダにこの時期出没するてんとう虫を部屋に入れ
遊んで?います。

多いときは5、6匹ブンブン飛び回っていました。

この中にマコの生まれ変わりがいるかも…という気持ちもあったかもしれません。(黄色のカエルに引き続いてです)

しかし、この前そのうちの1匹がカラカラに干からびて窓のサンに落ちているのを見ました。

哀れなり、てんとう虫。

FC2 Blog Ranking←1ポチお願いします。
2007/10/30/21:12:26  日記/CM:2/TB:1/









ちょっと猫に浮気?
先週、復職デイケアを休んで図書館に行ったのであるが、
その時、ある本が目に入ったので、借りてきてしまった。
(ちなみに同時に借りたのは、アメリカ人ジャーナリストが書いたうつ病闘病記と、高橋源一郎さんの「文学なんかこわくない」…メチャクチャなラインナップである。)

中島らもさんの「とらちゃん的日常」←こんな本です。

色々な動物を飼っていたらもさんであるが、
(2004年7月他界。ショックでした。)
その中で一番可愛いのはどれか?と言われたら
「とらちゃん」
と答えると書いていた。

猫と犬どちらが可愛いか?と訊かれるのは
息子と娘どちらが可愛い?と問われることと同じと書いてあったのが微笑ましい。

とはいえ、らもさんは留守がちだったため、とらちゃんは
らもさんの事務所の大家さんのところばかり行くようだ。
らもさんは悔しがったりしている。

奥さんと住む家ではシェルティを飼っていて、
らもさんもこの犬種がやはりいいと書いていた。
最初に飼っていたシェルティを何故か隣の家の人に取られたくだりが
面白い。

この本は猫(ほとんど“とらちゃん”)の写真ばかりであるが、
ここでシェルティが出てきたので、(写真はなし)
少し親近感が。

これには触れていないが、
確かとらちゃんは何かの病気に罹ったというのを別のエッセイで見たような気がする。(この本出版後のことだったのだろう)
今も元気なのかは分からないが、
無事であることを祈る。

FC2 Blog Ranking←1日1ポチお願いです。


2007/10/26/21:30:09  日記/CM:0/TB:0/









本日、マコ様の四十九日なり
…というわけで、復職デイケア休んで
(といっても、体調不良でただでさえ休みがちなのですが)

行って来ました。某動物霊園。

お骨(まだ我が家にあり)と御位牌、お写真を持ち、
我が家は浄土真宗だというのに、
何故か日蓮宗でしっかりお経をあげていただきました。

今日のお坊さんは何だか近代から昭和初期にかけての文士の雰囲気を持った方でした。
オヤジは以前の比較的愛想の良い営業マンとしてもやっていけそうなお坊さんにやってもらいたかった…と文句言ってましたが、
そのお坊さんの声もお経もなかなか良かったです。

母はささやかなお花を購入した後、野草を摘みにいき、
マコ様用に活けてました。

ああ、マコ様は千の風になっちゃったのかな…と
今更ながら再確認する母と私でした。

FC2 Blog Ranking←久々の更新ですが、ポチっとお願いします。
2007/10/15/20:03:57  日記/CM:4/TB:0/









切ない母の一言
しばらく、母ネタが続いてますが、
気にしないで下さい。

それと、私の体調がイマイチなので、
他の方のブログをしばらくチェック出来ないかもです。

先に、お詫びしておきます。

母は、マコ様の祭壇(仏壇?)に
よく話しかけていますが、
(今でもそうです。私は供え物をする時くらいでしょうか)
たまに、聞いていて非常に切なくなる時があります。
(よく話しかけていること自体が切ないですが)

その中で特に心が痛む台詞があります。
それは…

「マコちゃん、今度は、マコちゃんがママを迎えにきてね」

というものであります。

娘としては実に複雑な心境になります。

私は心の中で、
「まだ、逝かないで下さい」
と、祈るほかありません。

FC2 Blog Ranking←「千の風」になりたい方もそうでない方もお願いします。
2007/10/10/16:47:19  感傷/CM:2/TB:0/










MAIN / NEXT






copyright © 2006 ボロボロ老犬の余生日記. All Rights Reserved.
Template Title : 紅 ~くれない~  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。