ボロボロ老犬の余生日記

これは犬なのにあまり人になつかない、ハッキリ言えば「可愛げねー」老犬の姿を綴ったブログである。それでも…憎みきれない女(メス犬)なのだ。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/









今の時期にやってきます。
てんとう虫

ちょっとボヤけてますが、
「我が家の電気のカサにしがみついているてんとう虫」の図です。

マコがいなくなり、やはり、
悲しみが癒えてくるとはいえ、
何かが足りない…空虚感というのでしょうか…
それは今でもあります。

母は淋しいのか、ベランダにこの時期出没するてんとう虫を部屋に入れ
遊んで?います。

多いときは5、6匹ブンブン飛び回っていました。

この中にマコの生まれ変わりがいるかも…という気持ちもあったかもしれません。(黄色のカエルに引き続いてです)

しかし、この前そのうちの1匹がカラカラに干からびて窓のサンに落ちているのを見ました。

哀れなり、てんとう虫。

FC2 Blog Ranking←1ポチお願いします。
スポンサーサイト
2007/10/30/21:12:26  日記/CM:2/TB:1/









ちょっと猫に浮気?
先週、復職デイケアを休んで図書館に行ったのであるが、
その時、ある本が目に入ったので、借りてきてしまった。
(ちなみに同時に借りたのは、アメリカ人ジャーナリストが書いたうつ病闘病記と、高橋源一郎さんの「文学なんかこわくない」…メチャクチャなラインナップである。)

中島らもさんの「とらちゃん的日常」←こんな本です。

色々な動物を飼っていたらもさんであるが、
(2004年7月他界。ショックでした。)
その中で一番可愛いのはどれか?と言われたら
「とらちゃん」
と答えると書いていた。

猫と犬どちらが可愛いか?と訊かれるのは
息子と娘どちらが可愛い?と問われることと同じと書いてあったのが微笑ましい。

とはいえ、らもさんは留守がちだったため、とらちゃんは
らもさんの事務所の大家さんのところばかり行くようだ。
らもさんは悔しがったりしている。

奥さんと住む家ではシェルティを飼っていて、
らもさんもこの犬種がやはりいいと書いていた。
最初に飼っていたシェルティを何故か隣の家の人に取られたくだりが
面白い。

この本は猫(ほとんど“とらちゃん”)の写真ばかりであるが、
ここでシェルティが出てきたので、(写真はなし)
少し親近感が。

これには触れていないが、
確かとらちゃんは何かの病気に罹ったというのを別のエッセイで見たような気がする。(この本出版後のことだったのだろう)
今も元気なのかは分からないが、
無事であることを祈る。

FC2 Blog Ranking←1日1ポチお願いです。


2007/10/26/21:30:09  日記/CM:0/TB:0/









本日、マコ様の四十九日なり
…というわけで、復職デイケア休んで
(といっても、体調不良でただでさえ休みがちなのですが)

行って来ました。某動物霊園。

お骨(まだ我が家にあり)と御位牌、お写真を持ち、
我が家は浄土真宗だというのに、
何故か日蓮宗でしっかりお経をあげていただきました。

今日のお坊さんは何だか近代から昭和初期にかけての文士の雰囲気を持った方でした。
オヤジは以前の比較的愛想の良い営業マンとしてもやっていけそうなお坊さんにやってもらいたかった…と文句言ってましたが、
そのお坊さんの声もお経もなかなか良かったです。

母はささやかなお花を購入した後、野草を摘みにいき、
マコ様用に活けてました。

ああ、マコ様は千の風になっちゃったのかな…と
今更ながら再確認する母と私でした。

FC2 Blog Ranking←久々の更新ですが、ポチっとお願いします。
2007/10/15/20:03:57  日記/CM:4/TB:0/









母、ある日本犬(種類不明)に吠えられ御立腹
両親がこの間近所で散歩していたか、
揃って買い物に行ったときの何気ない出来事である。

両親はわりと他の家の犬たちにも好かれる方で、
近所でも仲良し犬がいたりする。

マコ様亡き後はその犬に遭遇するのもツライ…
と言っていた母であった。

父は結構気持ちの切り替えが早い
(一歩間違えると薄情にも見えなくもない)
方であるが、

母は一番付き合いが深く、長かったこともあって、
いまだ、傷は癒えないでいる。

そんなある日、2人で出かけた時、
何処かの店の前で
ある日本犬(種類不明だが、柴犬入っていたかもとのこと)
にメタクソに吠えられたそうである。

一軒家に繋がれている犬に吠えられたことはあっても、
出かけ先で、あんなに他人に向かって吠える犬は久しぶりに見た!
と、母は大怒り!!


父は次は日本犬飼いたい…
と漏らしていたらしいが、
母は、
見事なほどに却下していました。


この前、オーラの泉SPの中で、
何処かの福祉施設にいる犬で、
「人の死期を察知する犬」(確かそんなんだったな)
が取り上げられていました。

その中で、
美輪さんか江原さんが、
「動物はオーラを見る力がある。人間がその力を失っているだけ」
てな内容のことを言っていました。

その柴犬もどきの犬には、もしかしたら、
母の背後にいるマコ様の姿が見えたのかもしれぬ…
と思ってしまいました。

そうだとしたら、マコ様が背後でその犬に向かって
歯をむき出したからかもしれません。


途中でスピリチュアル系の話になってしまいました。

犬でも身近なものが亡くなると、
家族でそんな話が出るものです。

FC2 Blog Ranking←オーラが見える方もそうでない方もお願いします。

2007/10/07/21:44:59  日記/CM:2/TB:0/









マコ様の生まれ変わり候補?現る!!
復職デイケアより帰宅すると、

函館から戻ってきたオヤジがいます。

ま、そんなことはど~でもいいのですが、
(そう、私はひどい娘…

母と私の平和な日々に幕が下りたと感じました。

明日から、また意味なく慌しくなりそうです。
ゴルフから帰って来たときと同じようにオヤジの洗濯物がびっしりほしてありました。

いつ見ても気が滅入る風景です…

そんな中、母が私の食事を用意しながら、
何か言いたそうにしているのが分かりました。

しかも、オヤジが帰ってきたというのに、
何か楽しそうにしています。

札幌は今日、一時大雨が降っていたのですが、
そんな中何をどう間違えたのか、
我が家のベランダ(マンションの2階)にて

超小さな可愛いカエルが出現したそうです。

しかも、母はそれをもって、

「マコちゃんの生まれ変わりではないか?」説を主張し始めました。

「アホか…」

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、
15年生きた犬を亡くした家族というのはこんなもんかもしれません。

そのチビカエルは母をじ~っと見ていたそうで、
その姿がまるで、

「ママ、こんな姿で生まれてきちゃった…」

と言うがごとくだったそうです。

何だか、切なくなってきました。

ちなみにうちのベランダにはこの時期、
てんとう虫がよく出没します。

母はよく家に引き入れててんとう虫の好きにさせています。

その中の1匹で母の首にまとわりついていたモノがいて、
それも「生まれ変わり説」が浮上しました。

でも、そのカエルの方が有力かもしれません。

FC2 Blog Ranking←アホ家族に1票を。

2007/10/04/21:35:05  日記/CM:0/TB:0/










MAIN / NEXT






copyright © 2006 ボロボロ老犬の余生日記. All Rights Reserved.
Template Title : 紅 ~くれない~  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。