ボロボロ老犬の余生日記

これは犬なのにあまり人になつかない、ハッキリ言えば「可愛げねー」老犬の姿を綴ったブログである。それでも…憎みきれない女(メス犬)なのだ。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/









マコ、日蓮宗でお経をあげることに
真駒内火葬所観音


昨日のお話を一つ。

私は2日続けて復職デイケアをお休みすることになりました。

しかし、デイケア行く日になかなか起き上がれない時以上に
両親の私を起こす声が実に激しかったです。

気合入りまくりでした。

いつもは寝起きが最悪である私は反抗的に
「うるさいな…」
と、つぶやくのですが、
そんな事許されないくらいの気迫でした。

寝ぼけ眼でメイクし、朝食をとり、
出かける仕度をしました。

前日、インターネットで調べ物などしたことがない父が
動物霊園について調べ、
8時より電話を受け付けるというので、
早速、そこに8時ちょうどに電話しました。

火葬の予約が10時に取れました。

で、火葬場に向かうと、1枚目の写真のような
金ぴかの観音様が私たちを迎えてくれました。
手のひらに鳥がのっていて、
犬と猫(これも金ぴか)が足元にいます。

正直、「ちょっと胡散臭い…」と思いました。
しかし、火葬を担当してくださった方は実に感じが良く、
周囲を森に囲まれているその空間は
居心地が良かったです。




マコ火葬の場


マコ、火葬の場であります。

建物の感じが可愛らしく、似たような建物が他に2棟ありました。

真駒内卒塔婆供養所



真駒内での変な張り紙


塔婆供養堂という建物も近くにあり、
そこに妙な張り紙が貼られていました。

気になって撮ってしまいました。

犬のベンチなんてのもありました。

かわいいです。

犬ベンチ


無事火葬が終了した後、
動物霊園(札幌市の別の区です)
に車を走らせます。

途中、ベンツに乗ったコワイオジサン
よくわからないが、
クラクションを鳴らされ、ガンを飛ばされる
アクシデントもありましたが、

「宗派問わず」の動物霊園に到着。
お坊様にお経をあげてもらいました。

しかし、そのお経、よくよく聴くと…

「日蓮宗だ!!!」

私とオヤジは気づきました。
マコはいつの間にか日蓮宗の信者?に!
ちなみに我が家は浄土真宗です。

マコにとってはどうでもいいことかもしれませんが。

しかし、そのお坊さんのたたずまいが実に良く、
私が高校生の時死んだ祖父の葬式もこーゆーお坊さんだったらな…

と、思ってしまいました。
(説教がひどかったのです

良く周囲を見渡すと、日蓮宗のお寺があります。
そこから出張?しているのでしょうか。

妙に納得です。

なんだかんだでこの日も慌ただしく過ぎました。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
2007/08/30/23:05:46  日記/CM:4/TB:0/









マコ、永眠す。
亡くなる3時間前のマコ


写真は亡くなる約3時間前にとったモノです。

8月28日ほぼ20時。
マコは永遠の眠りにつきました。

バタバタしている間に静かに呼吸を止めていました。

夕方、いつもの病院にいき、点滴を打ってもらいに行きました。

もう、診察台に載せても、
震えも、暴れもしませんでした。

ただ、ぐったりして、
今思えば、何か悟ったような目をしてました。

「あと、もって今週中でしょう…」
いつも、オヤジは
「あの先生ハッキリいわないんだよな…」
と文句いってましたが、
ハッキリ言われましたよ。

しかし、その日のうちに
予言が大当たりするとは、正直思いませんでした。

でも、マコの臨終に一番最初に気づいたのは親父でした。

マコがはじめての垂れ流しをし、
私と母は、
その始末に追われていたのです。

私は雑巾で拭きまくり、
母は、バケツの水を替えに行ってました。

出すもの出して、
呼吸が落ち着いてきた。

私の考えが甘かったことがすぐに判明しました。

「おい、マコちゃん臨終じゃないか?」

雑巾の手を止め、
マコの身体に触ってみたり、耳を当てたりしてみました。

呼吸している様子がない。

私は、風呂場でバケツに水を入れていた母に向かって
大声で叫んでいました。

「お母さん、早く来て!!マコちゃん、臨終かもしれないって!!!」

人間がバタバタ大騒ぎしている間に、
マコは穏やかな表情で逝ってしまいました。

几帳面で、神経質で、
お尻の始末が良かった犬だっただけに、
家で垂れ流してしまったのは無念だったかもしれませんが、

マコは笑っているような顔をしていました。

老犬になると、もっと姿がボロボロになるものらしいですが、

マコは比較的キレイなまま逝ったと思います。

呼吸停止がわかっても、
しばらく飼い主たちの往生際は悪かったです。

というのは、マコはしばらく冷たくならなかったからです。

翌日(今日)になっても、冷たくなって硬直しているのは脚だけ。
胴体はまだ何となく温かみが残っていて、
首の辺りもクニャンとやわらかかったのです。

今日、火葬して、
お経もあげてもらったのですが、
まだ、リアルに信じられません。

マコはお骨になりましたが、
まだ、ブログは辞めまい、と思っています。

色々と細かいエピソードもありましたし、
ちょっと昔を振り返ったり、
死後のことも書いていこうと思っています。

本当に、
よく頑張りました。

お疲れ様でした。

今は、そのくらいしか言えないかな。

FC2 Blog Ranking



2007/08/29/22:51:47  日記/CM:2/TB:0/









マコ、点滴を拒否する。
昨日、うつで退職したワタクシが久々にバイトをした日でもある。

詳細はコチラ→うつは1日にして治らず

そんなことはさておき、マコである。

生きる気力は相変わらずスゴイマコではあるが、
相変わらず、食べず、
水飲んでも吐く有様。

病院にて点滴をしばらく続けていた。

といっても短い点滴だけど。

本格的に点滴となると、入院が必要なのだそうだ。

しかし、下手に家族の側を離れると、
マコの場合、
さらに体調が悪化する可能性がある。

数年前、別の用件で病院に入院したあと、
ひどい下痢をおこし、
精神的にもかなり不安定になったらしい。

今のマコにとっては
点滴は命綱ではあるが…

わたしがバイトした日、
病院でマコは点滴を非常に嫌がったらしい。
あの外面よしこさんのマコが…である。

もう、長くもたないことは確かであるらしい。
が、気力のあるうちは何とか点滴は続けたい。

とはいえ、ここまでハッキリ意思表示したからには、
その意思を尊重すべきで、もう、やめた方か良いものか…

家族は今、途方にくれている。

FC2 Blog Ranking

2007/08/27/22:39:02  日記/CM:1/TB:0/









マコ、星一徹になる?
マコは最近、水しか飲んでなくとも
吐くようになった。

そんな訳で与える水もセーブするようになった。

すると…

「もっと、よこせ!!!おらぁぁぁ!!!」

と、ばかりに水の入った容器をひっくり返そうとするのだ。
気力だけは相変わらずのマコである。
(でも、メスです。ホントです。)

私の中では、マコが某熱血野球マンガの主人公のオヤジに重なった。

星一徹ちゃぶ台返しで有名?なオヤジである。

こんなの見つけました

今日、ほんの少し、ソーセージを食べました。
それ以外、食事はしていません。

FC2 Blog Ranking


2007/08/24/22:21:59  日記/CM:1/TB:0/









ちょっと昔話
何日か前にも書いたかもしれないが、
マコは我が家の3匹目の犬で、
シェルティとしては2匹目である。
そして初のメス犬であった。

前に飼っていたオスシェルティが死んだ時、
両親揃って、

「もう、犬は飼わない」

と、のたまわっていた。

が、ある日、私が帰省すると
(その時東京に住んでました)
1匹の可愛らしいシェルティが当たり前のように存在していた。

それがマコである。

両親も2度と飼うつもりはさらさらなかったらしいが、
たまたまどこかで
「わんわん・ニャンニャンペット大行進」
みたいなイベントをやっている所に遭遇し、
覗いてみたのが運のつきというやつである。

「あまり可愛いのがいないね」
(以前飼っていたのは血統書付のおぼっちゃまで、
たくましくはないが、優雅なシェルティであった)
と、帰ろうとしたとき、
2匹の胸の辺りが白い兄弟(姉妹か?)らしき犬が
抱き合って眠っていたのが目に入った。

目ざとい店のオヤジが言った。

「ちょっと抱いてみますか?」
帰りの車の中、
そのうちの1匹が母のひざの上に
人見知りもせず乗っていたそうな。

店のオヤジ、さすがである。

犬を主人公にしたアニメだったら、
私たちは兄弟(姉妹)を引き裂いた悪役だろうな
と、少し思った。

以前の犬に比べると、
非常にお買い得価格の犬ではあったが、
(いや、それ故か)
たくましく、丈夫に育った。

私はマコの若い頃、
めったに帰省しなかったが、
不思議と「家族」がわかるのか、
吠えられたりしなかった。
(訪ねて来た叔父叔母の中には、
最初から最後まで吠えられっぱなしの気の毒な者もいた)

前の犬に比べ、
かなり活動的でもあったらしく、
背中を触ってみると、
すごい筋肉質で私を驚かせた。

その筋肉もすっかり落ちてしまい、
標準以上だった体重(よく食べたらしい)も落ち、
平気で階段をズダダダダと降りていた足もヨレヨレになった。

年をとるとはこーゆー事なのだと、
つくづく思い知らされた。

これは犬だけの話ではない、とも。
2007/08/23/23:08:04  昔の話/CM:0/TB:0/









今日は別の病院に行きました。
扇がれマコ


母に扇がれ、ちょっとキツネ目のマコです。

今日は何故か父母はマコをいつもとは別の病院に連れて行きました。

マコの前に飼っていたシェルティ(そのときはオス犬)が
良く利用していた所で、評判のいい病院です

今のトコロも悪くないのですが、
父母にしてみたら、
他の病院の意見も聞いてみたかったのでしょう。

前の犬を診てもらった時にインターンだった方が
もう副院長になって、
診察の中心人物になっていたそうです。

時の流れの早さを感じます。

マコは、「外面よしこさん」ぶりを発揮し、
病院では実に「いい子」だったそうです。

そうです。
マコは病院などに行くと、
普段の小憎らしさを巧みに隠し、

「借りてきた猫」のようにおしとやかなメス犬

となります。

先生に歯をむき出す心配はないのですが、
ちょいと複雑です。

言われたことは前の病院とそう変わらなかったようです。

しかし、
肺と胃はキレイで、気道に難があることを言われたそうです。
腎盂炎?(母がきちんと病名把握してなかったようです)
らしいです。

そして、今日行った病院の方が
マコにとっても、
父母にとっても雰囲気良く感じたようです。

ここは今住んでいる所からはちょっと遠いんだけど、
これから、こちらに通うことになるのかな?

FC2 Blog Ranking


2007/08/22/22:25:07  日記/CM:1/TB:0/









マコと同じ部屋に寝てみる。
いつも、マコと同じ部屋に寝ているのは母だけなのであるが、

次の日の復職デイケアを捨てるつもりで、
私もマコと同じ部屋に寝てみた。

これがなかなか大変だった。

ゼイゼイ息が荒くなる度、
腹をなでる。

午前1時ごろ、急にマコが落ち着かない動きを始め、
ダメになっている前足で無理やり立ち上がろうとする。

うろうろし始める。

母と一緒に外に連れ出す。

その後もしばらく落ち着かなかった。

午前4時頃また、外に連れ出す。

その時、私は起き上がれなかった。
(情けない…)
落ち着いてから、私は自分の部屋に移り、寝る。

次の日、デイケアにはやはり行けませんでした。

FC2 Blog Ranking
2007/08/21/22:29:38  日記/CM:0/TB:0/









マコに続き…ワシまで体調不良に
弱りマコ


昨日のブログを書けなかった言い訳になるやもしれませんが、

マコの体調につられ、私もダメダメになってました。

今日も、なかなか起き上がれず、腹具合も悪く、頭痛もします。

マコは点滴をしてもらい、少し良くなったかと思いきや、

相変わらず、食べません。

ゼイゼイもします。

お腹を撫でてやると少し安心します。

あれだけ、母以外の人間に触られるのを嫌がったマコが!!

ちょいと複雑です。

これから、また病院行きです。

FC2 Blog Ranking
2007/08/19/15:34:16  日記/CM:2/TB:0/









マコは病院に行った。
昨日、復職デイケアより帰宅すると、

誰もいない…

私は勝手に悪い考えを膨らませてしまった。まさか…


…と思ったら、マコを抱き上げながら母帰宅。

「ただいま~」

病院帰りであった。


マコは点滴を打ってもらい、ほんの少し元気になっていた。

しかし、先生はハッキリとした病名を言ってくれなかったらしい。
…というより、MRIなど、きちっとした検査でもしないと
分からないのであろう。

暗にもう、手の施しようがないということもほのめかしていたそうだ。

あとは細々と延命治療していくしかないのだろうな。

たまにゲホゲホやりながら、マコは今日も必死に生きている。

FC2 Blog Ranking

2007/08/17/20:10:35  日記/CM:0/TB:0/









キツネ目の女(メス)
今日も暑さにやられ、グダグタ寝てるマコ。

しかし、ハムを細かくしたものを食す。

小豆も少々。

少しホッとする。

どうでもよいことだが
寝ている時のマコの
閉じている目元が

きつねっぽい…

本物のキツネに似ているわけではない。

かなり大昔の話になるが、
グリコ・森永事件というものがあった。

ある防犯カメラに写っていた怪しげな男の似顔絵が
一時話題になった。(年ばれるな)

その男は「キツネ目の男」と呼ばれていた。

前置きが長くなったが、そのように
例えで使われる「キツネっぽさ」なのである。

本物のキツネは実はもっと可愛い。

でも、マコ、決して可愛くないと
言っている訳ではないからね。
(性格は可愛げないがね)

眠りマコ


FC2 Blog Ranking

2007/08/16/21:33:50  日記/CM:0/TB:0/









マコ、以前の好物にも興味示さず。
チーズケーキのかけら



いきなり、チーズケーキのかけらのアップです。

昨日、親父は朝もはよからゴルフに出かけました。

その為、朝から実に穏やかな家庭の雰囲気になっていました。

マコも気のせいか、結構リラックスしてたようです。

しかし、やはり食事がのどを通らないことには変わりません。

そして、相変わらず濡れたタオルを身体にのせられ、
眠りっぱなし。動きません。

たまに目が醒めるとゲホゲホやってます。

散歩以外はホント起動しません。

鬼のいぬまに…という訳ではないですが、
(いや、結局そういうことになるか)
何故かケーキを買ってこようという話になりました。

マコにチーズケーキ(好物でした)を与えることと、
母と優雅な珈琲タイムを過ごすことが目的です。

3時頃、ケーキ屋さんに行く予定でしたが、
何故か父が昼過ぎくらいに家に帰って来ました。
今日は朝・昼・晩食事はいらんと言っていたのに。

変なところで勘がいい、
というか、
タイミングの悪い(私たちにとっては)親父です。

しかも、4時半に起こしてくれとエラソウにのたまい
昼寝に入りました。
その時間に夕食に向かうらしいです。

夕方になっても外は暑かったので、
親父が再び家を出でから買いに行くことにしました。

…で、5時頃買いに出かけたのですが、
それでも暑かったです。

無事買って来たのは良かったのですが、

やはり、マコは食べられませんでした。

母と私は、少し遅めの珈琲タイムを過ごしました。

散歩に出かけましたが、その後も眠りっぱなし

暑さがなくなるまで、この状態は続くのであろうか?


20070815161907.jpg


FC2 Blog Ranking
2007/08/15/16:29:00  日記/CM:0/TB:0/









耳は聞こえずとも、勘のいい女(メス)
我が家は家族が少ないというのに

何故か、モメル事が多い。

そうなると当然、マコは落ち着かなくなる。

1年以上前になるか、

今まで、電話、チャイムが鳴ると、

わわわわわわん!!!!!!!

と、過剰な、そして凶暴な声で吠え立てる
(しかも、声がおっさんくさい)
女(メス)だったのであるが、

音に反応しなくなった。

「マコちゃん!」と呼んでも知らんぷり。

確かに根性が悪い犬ではあるが、

呼ばれても無視なんてことはなかった。

今では、静かに電話に出たり、

宅急便を受け取ることが出来るが、

宅急便のおじさんに気づかず、
行き倒れのごとく眠っているマコをみると、

少し寂しいです。

そんなマコでも

不思議ともめている時の不穏な空気は

感じる事が出来るらしく、

不安そうにもめている2人を見て

その場を立ったり、第3者に救いを求めるような目を向けます。

マコいなきゃ、この家はもっと荒れてましたね。

生き物に教えられる事って結構多いです。

FC2 Blog Ranking
2007/08/14/14:59:17  日記/CM:0/TB:0/









マコ、飯食わず
20070813173610.jpg


一体、どうしたというのだ。

あんなに食べることにかけては卑しいマコが


一口も飯を口にしない…

私たち人間の食事時にも
大抵タカリにくるのであるが、
(親父がよくたかられる。噛まれることが多いのに)

じっと食事風景をみてるだけ。

哀れな表情さえ浮かべている。

なでてやる。

耳が悪くなり、内臓の具合が悪くなり始めてから、
マコ自ら近づくのでなければ、


母以外には触られたくないわ!!!!


とばかりに自己主張するマコ
(鼻にしわ寄せ、歯をむき出す。酷いときは噛み付こうとする)
なのであるが、
 
気持ちよさそうになでられている。

通常の犬のいる当たり前の風景なのだか、

マコの場合、普段が普段なので、

大丈夫か?と思ってしまう。

明日は食ってくれ、マコ。
少しでいいから。
(夏バテもあるかもしれん)

写真のマコは散歩にて
抱っこされるマコ、
濡れたタオルを頭に被せられるマコ…である。

mako arab


FC2 Blog Ranking
2007/08/13/17:41:04  日記/CM:2/TB:0/









マコ、侍女2人にうちわで扇がれながら寝る
mako4.jpg


最近マコと扇風機の相性が良くない。

暑いので、北海道とはいえ、毛むくじゃらのマコには必需品なのであるが、

おしりの辺りなら良いが、顔付近に風を当てるとゲホゲホやりだす。

で、うちわであおぐ事に。

侍女2人(母と私)にあおがれ、安らかに眠るマコ。

いいご身分である。

扇風機は実に古風なもの(昔から家にある)を使用。

20070812202759.jpg

2007/08/12/20:34:45  日記/CM:0/TB:0/









マコ、起動せず。
mako5.jpg


マコが昨日あたりから動かなくなった。

良く言えば、ぐっすり眠っているのだけど、

眠りっぱなし…

それ以外は、ゼイゼイ妙な息遣いをしている。咳もある。

だから、すやすや眠っている方が良いのだけれど、

夜中、同じ部屋で寝ている母がエライ迷惑な事になっている。

昼間寝足りてるせいか、とんでもない時間に、

「散歩いこうよ」と母を起こしにかかる。

この前は午前1時、昨日は3時…

遅いときで5時頃だったりする。

近所迷惑にならないか心配していた母であるが、(マンションだからね)

私は、母の体調の方が心配である。

最近、マコに振り回されているのが原因かしらんが、

血尿が出ることもあるらしい。

「病院に行け」と薦めたが、行く気がない。

普段、具合悪くなっても、薬もあまり飲まない人だ。

父は少しの事でも大騒ぎする人なので、「父には言うな」と釘をさされる。

確かに、こーゆー時、頼りになるどころか、うるさいだけなので、

母の気持ちは良くわかるが…

板ばさみである…

何かあったり、具合悪くなったら、私を叩き起こせと話したが。

ふがいない娘よのう。

2007/08/12/20:29:36  日記/CM:0/TB:0/









ワタシの場所よ!
mako3


今日、父がいきなり家具の移動を決行した。

計画もなく、いきなり思いつきでこーゆーことを始めるのが、

この人の悪いくせである。

腰痛もちで70歳のジジィが一人で出来る筈もなく、

母と私はいやおうなしに巻き込まれることになる。

ケロロ軍曹を見たかった私には実に迷惑な話であった。
(いつもはみないのだけど、朝○新聞のTVランに
取り上げられていて、見たくなったのだ。)

そんな時、我が家の老犬マコはといえば…

さすがです。


移動する際邪魔な所にいようが、動こうともしません。

ワタシの場所よ!!!文句ある!?

と、いわんばかりに、ニラミまで効かせます。

母が移動させようと抱っこを試みるも、

わざと抱き上げられないように体重を利用し、ゴロン。

15年間生きていただけあり、この辺の自己主張はたいしたもんです。

ちなみに、父はマコに結構なめられています。

哀れなり、オヤジ!

FC2 Blog Ranking
2007/08/11/18:51:15  日々の出来事/CM:3/TB:0/









雑草のごとくたくましい女(メス)だったのに
mako1


はじめまして、まいまこと申します。

写真のシェットランドシープドッグは15歳。

本名じゃないのに「マコ」と呼ばれています。

若いころは活動的で、背中の筋肉もモリモリでしたが、
今では、首の付け根の骨がボッコリ出ていて、筋肉はどこへやら…

関節炎ゆえ、歩くのはヨタヨロ。

腎臓も肝臓も悪いそうです。

食べることだけ3人前…とばかりに良く喰う犬でしたが,
最近は食が細くなり、吐くようにもなりました。

標準以上の体重が、標準以内に納まりました。
(これは悪いだけではないな…

見た目はまだまだ若くてかわいらしいです。

性格分かっていながら、この可愛らしさには騙されます。

ま、それはおいおい書いていきます。

よろしくお願いしますです。
2007/08/10/22:19:00  ご紹介/CM:2/TB:0/










MAIN






copyright © 2006 ボロボロ老犬の余生日記. All Rights Reserved.
Template Title : 紅 ~くれない~  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。