ボロボロ老犬の余生日記

これは犬なのにあまり人になつかない、ハッキリ言えば「可愛げねー」老犬の姿を綴ったブログである。それでも…憎みきれない女(メス犬)なのだ。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/









マコ、日蓮宗でお経をあげることに
真駒内火葬所観音


昨日のお話を一つ。

私は2日続けて復職デイケアをお休みすることになりました。

しかし、デイケア行く日になかなか起き上がれない時以上に
両親の私を起こす声が実に激しかったです。

気合入りまくりでした。

いつもは寝起きが最悪である私は反抗的に
「うるさいな…」
と、つぶやくのですが、
そんな事許されないくらいの気迫でした。

寝ぼけ眼でメイクし、朝食をとり、
出かける仕度をしました。

前日、インターネットで調べ物などしたことがない父が
動物霊園について調べ、
8時より電話を受け付けるというので、
早速、そこに8時ちょうどに電話しました。

火葬の予約が10時に取れました。

で、火葬場に向かうと、1枚目の写真のような
金ぴかの観音様が私たちを迎えてくれました。
手のひらに鳥がのっていて、
犬と猫(これも金ぴか)が足元にいます。

正直、「ちょっと胡散臭い…」と思いました。
しかし、火葬を担当してくださった方は実に感じが良く、
周囲を森に囲まれているその空間は
居心地が良かったです。




マコ火葬の場


マコ、火葬の場であります。

建物の感じが可愛らしく、似たような建物が他に2棟ありました。

真駒内卒塔婆供養所



真駒内での変な張り紙


塔婆供養堂という建物も近くにあり、
そこに妙な張り紙が貼られていました。

気になって撮ってしまいました。

犬のベンチなんてのもありました。

かわいいです。

犬ベンチ


無事火葬が終了した後、
動物霊園(札幌市の別の区です)
に車を走らせます。

途中、ベンツに乗ったコワイオジサン
よくわからないが、
クラクションを鳴らされ、ガンを飛ばされる
アクシデントもありましたが、

「宗派問わず」の動物霊園に到着。
お坊様にお経をあげてもらいました。

しかし、そのお経、よくよく聴くと…

「日蓮宗だ!!!」

私とオヤジは気づきました。
マコはいつの間にか日蓮宗の信者?に!
ちなみに我が家は浄土真宗です。

マコにとってはどうでもいいことかもしれませんが。

しかし、そのお坊さんのたたずまいが実に良く、
私が高校生の時死んだ祖父の葬式もこーゆーお坊さんだったらな…

と、思ってしまいました。
(説教がひどかったのです

良く周囲を見渡すと、日蓮宗のお寺があります。
そこから出張?しているのでしょうか。

妙に納得です。

なんだかんだでこの日も慌ただしく過ぎました。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
2007/08/30/23:05:46  日記/CM:4/TB:0/







new : 若かりし頃のマコの写真を母が出してきました。
MAIN
old : マコ、永眠す。
COMMENT
 まさか、こんなこととは……。涙が滲みます……。   from -   デザート・ムーン
 なんと、お言葉をかけたら……。
最近、お邪魔させて頂いておりました。
(いつも読み逃げばかりで、ごめんなさい。)
高齢犬を飼う想いに、通じ合う所が有りました。

 ボクは思春期に、高齢のマルチーズと別れました。
ボクは、彼の3人目の飼い主で、
たった数年だけの付き合いでしたが、
数年間のペットロスが続きました。
 かなり時間が経ち、ペットロスを脱した頃に、
ずっと憧れていたシェルティーを飼いました。
宝を失う事を恐れて、
2年後には娘ワンを残しましたが、失敗でした……。
だって、母ワンにとっては、
受け取っていたボクの愛情が、半分になったのですから……。

 話が支離滅裂、横道にそれました。
マルチーズのことが、オーバーラップしたものですから……。
 お気持ちを、お察し致します。
マコさんを、いっぱい想って下さい。
その時、お心の中に、マコさんは輝くと思います。
(リンク、感謝いたします。
ボクもリンクしても良いですか?
ぜひ、ブログを続けて下さいね!)
2007.08.31-01:52/  デザート・ムーン/URL/EDIT/   




 デザート・ムーン様   from - まいまこ
ご来訪感謝します。

コメントを読んで驚きました。
というのは、私が初めて家で飼ったのが
マルチーズ(骨太で明らかに規格外)だったからです。オス犬でした。

私はその頃小学生だったので、完全になめられてました。e-263
犬は家族の中の序列を自分の中ではっきり決めるんですよね。
私が小学6年で函館の祖母の家に遊びに行っている間に、近所の、夜放し飼いにしてた馬鹿犬にかみ殺されました。
遅れて函館から来た母からそのことを聞かされ、号泣した記憶があります。

その次にシェルティのオス犬を飼いました。
(血統書つきのボンボンです)
それは元々内臓が丈夫ではなかったのでしょう。マコと違い、最初から食の細い犬で、
最後には原因不明の発作を何度か起こすようになり、9歳で死にました。

その時、私は東京の大学に通っていた頃で、
帰省していたのですが、その間は発作は一度も見せませんでした。

が、東京に戻って数日後、息をひきとりました。

犬の死に目にあったことがなく、それが実に心残りで、つらかったけど、
マコの場合、それが出来て、良かったと思っています。

お骨もまだ家にあるせいか、マコはまだ家の中をウロウロしているようです。

家族全員心霊現象(?)体験しましたし。

でも、犬の幽霊ってあまり怖くないですね。
なぜでしょう。
2007.09.01-21:38/まいまこ/URL/EDIT/   




    from - さくらのママ
>でも、犬の幽霊ってあまり怖くないですね。

きっと犬の幽霊だからじゃなくて、マコちゃんだから怖くないんですよ!
マコちゃん、おうちのみんなに最後のお別れを言いたかったんでしょうね。
2007.09.01-23:52/さくらのママ/URL/EDIT/   




 さくらのママ様   from - まいまこ
いやあ~あれは、まだ旅立ってませんね。

まだ家の中うろちょろしてます。

時々、家族の中の一人が留守番をしている時、マコが廊下を歩く音(チャッチャッチャと、独特の爪音がするのです)をよく耳にします。
誰か帰ってきたのか?まさか、マコが…
と、思って確かめると、誰もいない。

私は今日朝10時までゴロゴロ寝ていたのですが、お尻の辺りに、マコが背中合わせにドカッと座る(たまにやられました)感触があり、

「アレェ…?」

私の背後には何も存在していませんでした。
マコの心霊日記に名前変更しようかな。
2007.09.02-21:58/まいまこ/URL/EDIT/   




COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://mymako.blog116.fc2.com/tb.php/17-71998971



MAIN






copyright © 2006 ボロボロ老犬の余生日記. All Rights Reserved.
Template Title : 紅 ~くれない~  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。