ボロボロ老犬の余生日記

これは犬なのにあまり人になつかない、ハッキリ言えば「可愛げねー」老犬の姿を綴ったブログである。それでも…憎みきれない女(メス犬)なのだ。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--/--:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/









母の人生は犬に救われた部分が大きいです。~伝説の犬①
昔…というか、ホント、大昔の話になりそうですが、一つ。

母は専業主婦ですので、どうしても、家族の中で犬との関わりが一番深くなります。
そして、

「実の子(私のことです)より、手をかけているのではなかろうか?」

と思うくらい、愛情深く犬に接します。

これだけは子供のころから感心させられるところであります。

それには、母の子供時代から語らなければいけません。

母の実家M家は、犬・猫両方飼っていた家であったのですが、

母はどちらかといえば「犬派」でした。
(ちなみに祖母・叔母(母の妹)は猫派でした)
猫も可愛がっていたようですが、
母はある「運命の犬」との出会いがありました。

そして、その犬は、M家で「伝説」となるほど賢い犬でありました。

その名は「コロ」。

雑種だったそうですが、特に厳しいしつけをしたわけでもないのに、
実に色んな面で理解が早く、性格も良い犬だったようです。

近所の方にも愛され、
裏の家のご主人が帰宅する途中、
先回りしてご主人のかばんもちをし、
ちゃんと家まで送り届けることをしたり、

近所の商店でおつかいもしたそうです。
(かごをくわえて)
お店の人も事情を分かっていて、
コロのおつかいに協力的だったそうです。

昔ならではのほのぼのした風景を感じさせます。

母が一番面倒をみたそうなので、母に一番良く懐いていたようです。

しかし、そんな(幼きころの)母とコロの生活にも危機が…

<②につづく>

FC2 Blog Ranking←次回、ご期待下さい。






スポンサーサイト
2007/10/01/22:25:29  昔の話/CM:1/TB:0/







new : 短足(?)マコ様
MAIN
old : 白い毛皮をまとった貴婦人(?)
COMMENT
 こんばんは!   from - さくらのママ
お買物まで出来ちゃうなんて
コロちゃん、なんてお利口さんなんでしょ(◎o◎)
お母様のワンちゃん好きはこの頃から養われていたんですね・・・
(ちなみに私も子供の頃(9歳からずっと)おうちにはいつもわんこがいました!)

危機ってなんやろ~!?ドキドキドキドキ
2007.10.02-00:36/さくらのママ/URL/EDIT/   




COMMENT POST
/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK
  この記事のトラックバックURL:
   http://mymako.blog116.fc2.com/tb.php/31-ed4ea046



MAIN






copyright © 2006 ボロボロ老犬の余生日記. All Rights Reserved.
Template Title : 紅 ~くれない~  Ver1.1
by TAE-3rd☆テンプレート工房

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。